鰻で世界を鰻面の笑みに! うなぎ屋さん応援サイト

埼玉県のうなぎ屋さん

さいたま市大宮区 桜区 浦和区 南区 緑区 岩槻区
川越市 川口市 所沢市 羽生市 越谷市 三郷市 吉川市 白岡市 ふじみ野市 北葛飾郡杉戸町 北葛飾郡松伏町

さいたま市

大宮区


この記事は2016年2月7日に投稿されました

うな鐡 大宮店 ~鰻好き一家の会話が弾む鰻串焼き♪~

この日は、さいたまスーパーアリーナでお気に入りのミュージシャンのライブ♪ カミさんと娘と3人でライブを満喫して、会場を出るとすでに20:00を回っている。 近くでまだ営業している鰻店の中から娘の「うなぎの串焼きが食べたい ...

この記事は2004年12月8日に投稿されました

大宮 山家本店

 明治5年、武蔵國一の宮氷川神社の門前町、大宮に創業して130年を超える鰻料理店の老舗です。本店はJR大宮駅東口と旧中仙道の間、大宮髙島屋の向かいにあります。本店の他に大宮駅のショッピングモール「大宮ルミネ2」4階に大宮 ...

桜区


この記事は2016年6月19日に投稿されました

西浦和 うなぎ処古賀 ~父の日は鰻!~

父の日でのとある調査で「お父さんがしてほしいランキング!」のダントツの1位は「一緒に食事をする」だそうです。 しかも「何を食べたいか?」ではウナギが1位! 我が家の娘からもこんなLINEが 嬉しいですね^^ 1も2もなく ...

この記事は2015年10月28日に投稿されました

西浦和 うなぎ処 古賀

「鰻福会」という全国各地のうなぎ屋さんがSNSでつながる会がある。 もともとは「うなぎ大好き」を開設当初から応援してくださっていた「日本養殖新聞」が情報交換のために構築したLINEグループが発展して、2014年9月から親 ...

浦和区


この記事は2016年12月25日に投稿されました

浦和 食と燗 くら川 ~泰正オーガニック鰻と凄腕料理にくらっ~

泰正養鰻の横山桂一さんから八重洲『はし本』さん、所沢小手指『うなぎ屋酒坊・画荘 越後屋』さんに加えて 日本橋小網町『うなぎ喜代川』さん、浦和『食と燗 くら川』さんにも泰正オーガニック鰻の出荷を始めたと連絡があった。 前回 ...

この記事は2016年5月28日に投稿されました

浦和 二代目串長 ~口を開けば、うなぎの話~

Facebookでつながるうなぎ愛好会のメンバーと「さいたま市浦和うなぎまつり」を楽しんだ後、語り尽きないうなぎの話の続きを 「どこかで一杯やりますか?」ということになった。 「浦和のうなぎ屋さんはほとんどうなぎまつりへ ...

この記事は2016年5月11日に投稿されました

江戸前うなぎ彦星 ~浦和の新星~

この日は、「うなぎのぼり」のゆぽんたさんをお誘いして、さいたま市見沼区にある大手川魚問屋である「鯉平」さんを見学させていただいた。 その際に『江戸前うなぎ彦星』の店主・中嶋勇志さんのお話が出た。 中嶋さんは、以前の仕事で ...

この記事は2016年3月1日に投稿されました

浦和 和香 ~ご好意に甘える~

浦和のうなぎ日記のけいすけさんに紹介されて、お気に入りになった浦和の和香さん。 自分の休みと和香さんの休みが被っていてなかなか行けないのだが、この日は仕事が早く終わったので、カミさんと行こうという話になった。 和香さんへ ...

この記事は2016年2月7日に投稿されました

浦和 和香 ~値ごろ感ばっちり~

鰻友である「浦和のうなぎ日記」のけいすけさんが贔屓にしている店『和香』 こちらは水曜日定休で自分の休みとかぶっているので行きたいけれど、なかなか行けずにいた。 この日は、自分のお気に入りのミュージシャンのライブが「さいた ...

この記事は2015年6月7日に投稿されました

浦和 満寿家

  浦和でうなぎDAYの2軒目は、明治21年創業の老舗.満寿家へ伺うことにしました。 昨年7月に建て替えが完了して、綺麗な店舗で再オープンしたそうです。 入口は、旧中山道沿いの入口と駐車場側の入口の2つがあります。旧中山 ...

この記事は2015年6月7日に投稿されました

浦和 うなぎ浜名

浦和駅西口の「うなぎ浜名」へやって来ました。 こちらは、食材にこだわっているようです。鰻は、大井川共水うなぎ。米は、新潟産コシヒカリ。地どりは、徳島・阿波尾鶏。 うな重の中(税別 3800円)と肝焼き(税別 580円)に ...

この記事は2008年1月23日に投稿されました

浦和 中村家

JR浦和駅西口から埼玉県庁方面に歩くこと数分、「埼玉会館」の向かいにいかにも老舗という風格のお店に”蒲焼” と染め抜かれた暖簾がかかっています。こちらが「中村家」です。 雪が雨に変わった夕刻の開店時間を少しだけ過ぎた頃、 ...

この記事は2005年6月5日に投稿されました

浦和 山崎屋

JR浦和駅西口を出て、旧中山道を北に進むと江戸時代から続く老舗のうなぎ屋さん山崎屋があります。 浦和宿の本陣近くに店を構えていたこともあり、参勤交代の際には鰻を食べて英気を養ったのでしょうね。 1999年に改装されて、モ ...

南区


この記事は2005年11月20日に投稿されました

中浦和 別所

※このお店は閉店しています JR埼京線「中浦和駅」から志木街道を埼玉県庁、浦和駅方面へ5分ほど歩くと浦和のオアシスともいえる別所沼がある。別所沼は、およそ100万年前、大宮台地の侵食した谷から湧き出した水が、低地に溜まっ ...

この記事は2005年4月6日に投稿されました

太田窪 小島屋

   念願の蒲焼大を頂いてきました。やや小ぶりの鰻が3匹筏になっていると思いきや3匹半筏でした。いつも3匹半なのか、目方で変わるのかは確認できませんでした。そして、私的な新たな発見がありました。それは熱いうちにガツガツ食 ...

この記事は2004年10月24日に投稿されました

太田窪 幸楽園

   JR京浜東北・武蔵野線「南浦和駅」東口下車、産業道路の「南浦和駅入口交差点」を右折し、200Mほど進むと案内の大きな看板があります。そこから道なりにしばらく進むと「幸楽園」に着きます。 料亭部と食堂部に分かれている ...

この記事は2004年9月29日に投稿されました

太田窪 小島屋

 JR京浜東北・武蔵野線「南浦和駅」東口下車。タクシーで5分、徒歩20分ほどの浦和としてはのどかな場所にあります。店構えは大きな旧家のお屋敷か歴史のある旅館を思わせます。 店の玄関を入ると右側から奥が厨房で左側の庭を見え ...

緑区


この記事は2017年1月4日に投稿されました

東浦和 はす沼 ~ほっこり鰻は直木賞作家も贔屓筋~

京極夏彦という小説家をご存知の方も多いと思う。 京極夏彦のデビュー作『姑獲鳥の夏』の発売直後、分厚いノベルス本に興味を惹かれ購入して読みすすむとその独特な世界に魅了された。以来、新刊が発売されるごとに購入し、書棚の一部は ...

岩槻区


この記事は2005年5月8日に投稿されました

岩槻 ほてい家

 東武野田線「岩槻駅」で下車して、駅前から伸びるメインストリートを10分ほど歩くと左手に立派な長屋門が見えます。そこが「ほてい家」です。「うなぎ百撰」2005年春号の名代めぐりでの紹介記事を見てからいつかは行ってみたいと ...

川越市


この記事は2015年6月10日に投稿されました

川越 東屋

  川越うなぎ三昧の3軒目は、東屋です。こちらも明治初めの創業といいますから150年の歴史を誇ります。 2軒立て続けに食べたので、少し腹ごなしをしないといけません。せっかく、小江戸・川越に来たので蔵の街や時の鐘などを散策 ...

この記事は2015年6月10日に投稿されました

川越 六代目いちのや

    川越・うなぎ三昧の旅、2軒目も江戸後期の天保3(1833)年創業の老舗・いちのやです。 以前、いちのや神泉店には行きましたが、本店は初訪問です。 お店は、蔵が建ち並ぶ大正浪漫通りから成田山川越別院へ向かう途中の松 ...

この記事は2015年6月10日に投稿されました

川越 小川菊

  今日は、うなぎ三昧の旅に出ました。やって来たのは小江戸・川越です。情緒ある街並みを見ながら、まず伺ったのは、文化4(1807)年創業の老舗・小川菊です。 風情ある建物で、川越の街に溶け込んでいます。2012年に耐震リ ...

川口市


この記事は2008年1月28日に投稿されました

川口 鰻 十和田

 川口で仕事があったので昼食は、鰻 十和田と決めていました。お邪魔した日は、朝から雪が降っている生憎の天気。そんな寒い日にぴったりのうなぎ料理がこちらにはあります。そう、「せいろ蒸し」です。タレの味のしみたご飯も一緒に蒸 ...

この記事は2006年11月22日に投稿されました

川口 鰻 十和田

  「鰻 十和田」の確かなビジョンを持ったお店づくりを「うなぎ大好き・番外編」-うなぎ屋さん移転顛末記-でレポートしましたが、その中でも紹介しましたように社長の星野吉昭さんがうなぎ屋さんを続けられると思ったのは「浜名湖う ...

この記事は2005年12月7日に投稿されました

川口 鰻 十和田

 JR京浜東北線「川口駅」東口で下車して駅前の産業道路を北(浦和方面)へ、大型ブックストアの「書泉ブックドーム」を過ぎると運が良い?と鰻を焼く良い匂いが漂ってくることも…。信号を右折して八間通りを少し歩くと右手に和モダン ...

所沢市


この記事は2017年3月1日に投稿されました

うなぎ屋酒坊・画荘 越後屋 ~もてなしの形~

このようなサイトをしていると 「何処のうなぎ屋さんが美味しいですか?」という質問をよくいただく。 しかし、この質問に答えるのは非常に難しい。 私が美味しいと感じるものが、質問をした方が同じように美味しいと感じるとは限らな ...

この記事は2016年10月30日に投稿されました

うなぎ屋酒坊・画荘 越後屋 ~泰正オーガニック鰻と天然鰻~

先日、うなぎ断ち明けの予約を『八重洲 はし本』した後のこと。 次のような泰正養鰻・横山さんのツイートを見た。 10月28日から 東京、はし本 喜代川 埼玉、越後屋 くら川 にて、ご提供期間は各契約店違いますが完全無投薬で ...

この記事は2016年6月22日に投稿されました

うなぎ屋酒坊・画荘 越後屋 ~オーガニック鰻の食べ比べ~

泰正養鰻(鰻 泰斗商店)の横山桂一さんが6月21日の出荷から一部の鰻専門店へ向けて直に出荷を始めるという。 先日、横山さんが上京した際に『はし本』さんで横山さんが無投薬で鰻愛を注いで育てた鰻をいただいて感動したので定期的 ...

この記事は2016年5月11日に投稿されました

うなぎ屋酒坊・画荘 越後屋 ~鰻を介したジャムセッション~

うなぎのぼりのゆぽんたさんから 「久しぶりに小手指の越後屋さんへ行くのでご一緒しませんか?」 とお誘いを受けた。 埼玉県はもちろん全国でも人気のうなぎ屋さんなので、二つ返事でお誘いにのった(^^ゞ 小手指駅南口を出て、駅 ...

この記事は2016年3月16日に投稿されました

こだわり食材 鈴 ~料理人の矜持~

先月(2016年2月)の初めに老舗鰻店『つきじ宮川本廛』にお勤めの西村淳司さんと東京・平井の『うなぎ魚政』へご一緒した時に西村さんが嬉しいことに「来月も鰻を食べに行きませんか?」と誘ってくれた。もちろん二つ返事で頷く。 ...

羽生市


この記事は2015年10月21日に投稿されました

鬼平江戸処(東北道上り線・羽生PA) 忠八

信州へ日帰り旅行の帰り道。 2013年12月に東北自動車道 上り線の羽生パーキングエリアが「鬼平江戸処」としてリニューアルされ、フードコートにさいたま市の老舗鰻問屋『鯉平』直営のうなぎ屋「忠八」があるのを思い出した。 上 ...

越谷市


この記事は2011年12月28日に投稿されました

越谷 鰻重

暮も押し詰まって、「今年も師走は忙しかったね。新年に向けて、エネルギーを補給しましょう。」という話になりました。では、どこでエネルギーを補給?越谷の「鰻重」のうなぎはヴォリュームがあったね。じゃあ、行こう! 以前、来たと ...

この記事は2005年7月6日に投稿されました

越谷 鰻重

  ウナジュウではなくウナシゲと読みます。最寄り駅は東武伊勢崎線「蒲生駅」だと思います。といっても蒲生駅から東へ2Km弱の場所にあり、正直あまり便利とはいえません。 そのお店が「うなぎミュージアム」の埼玉のうなぎ処で1番 ...

三郷市


この記事は2017年4月26日に投稿されました

川魚 根本 ~我が家の原点~

埼玉・三郷市と葛飾区の境を流れる大場川の畔にある『川魚 根本』は、うなぎ大好きで何度も紹介しているように自分が子供時分から半世紀通っているうなぎ屋。 川向こうの葛飾・水元のお寺が母方の菩提寺という縁である。 母に連れられ ...

この記事は2016年6月26日に投稿されました

川魚 根本 ~家族で舌鼓~

6月27日は、私の母方の祖父の祥月命日である。 1943(昭和18)年に亡くなっているので今年で74回目の命日ということになる。 菩提寺は葛飾・水元にあり、物ごごろ付いた時から命日近くに墓参に来ている。 その帰りには年忌 ...

この記事は2015年9月9日に投稿されました

川魚 根本

以前も書いたが、三郷・戸ヶ崎の『川魚 根本』は私が子供の頃から行っている店である。記憶にあるのは幼稚園の頃だから、かれこれ50年近く行っていることになる。 母方の実家の菩提寺が葛飾・水元にあり、母方の祖母の実家の菩提寺が ...

この記事は2014年3月26日に投稿されました

三郷・戸ヶ崎 根本

亡くなった母の葬儀などをひと通り済ませたので、母方の菩提寺へ祖父母の墓前に報告してきた。 母が元気なころは、祖父母の墓参の帰りには、必ず昼食をとった根本で母を偲びながら鰻を食べた。 「ここの鰻はこってりして美味しいねぇ」 ...

この記事は2013年6月26日に投稿されました

三郷・戸ヶ崎 根本

 明日は、母方の祖父の祥月命日なので水元の菩提寺でお墓参り。 帰りは、いつものように川を渡って、根本へ。 今日は、妻も一緒で帰りは運転を頼めるので、昼から一杯と考えていたら 何と根本のメニューからアルコール類が消えていた ...

この記事は2009年3月18日に投稿されました

三郷・戸ヶ崎 根本

 お彼岸で、母方の祖父母、伯父、伯母の墓参を済ませて、根本で昼食です。 根本利兵衛 関連ランキング:うなぎ | 八潮駅

この記事は2008年10月1日に投稿されました

三郷・戸ヶ崎 根本

8月にはじめにこんなメールを頂きました。 こんばんは。 突然失礼します。 先日、うなぎ根本が閉店したらしく…(泣)私たち家族が納得いくうな重を探しています。埼玉在住なのですが、根本の味に近いお店を紹介していただけませんで ...

この記事は2006年1月16日に投稿されました

三郷市 根本

 私の母の実家の菩提寺がすぐ近くの葛飾区水元にあるのでお墓参りの帰りに子供の頃から連れてきてもらっていました。ですからある意味、根本は、私のデフォルトのうなぎ屋さんのひとつといえるのです。 1年以上後無沙汰で久々の再訪で ...

この記事は2005年10月2日に投稿されました

三郷 うな百

  三郷市西部の中川に程近い場所に「うな百」はあります。土地勘のない方はちょっと辿り着くのに難儀をするかもしれません。地図を頼りにお店を探し当てるのも食べ歩きの楽しみのひとつではないでしょうか(^_-) こちらは注文を受 ...

この記事は2005年6月22日に投稿されました

三郷 石茂

 うなぎ大好き的ネットサーフィンをしていてこちらのホームページを見つけました。JR武蔵野線「三郷駅南口」から南口大通り徒歩3分のところにあります。お店の裏には駐車スペースもあります。 こちらはいわゆる割烹料理店でうなぎ専 ...

この記事は2004年3月17日に投稿されました

三郷・戸ヶ崎 根本

JR常磐線「金町駅」と「戸ヶ崎操車場」をむすぶ京成バス、JR常磐線「亀有駅北口」とJR武蔵野線「三郷駅」もしくは「三郷市役所」をむすぶ東武バスの「大場川バス停」のすぐ近くにあります。 ここの鰻は、身と皮の間のゼラチン質が ...

吉川市


この記事は2017年1月29日に投稿されました

うなぎ創作 鰻樹 -manju- ~豊かな発想~

カミさんと息子が【鰻問屋もがみ】さんで見学させてもらって、我が家の鰻熱はうなぎ昇り。 「やっぱり、鰻は美味しいよね。」 「また、食べたいね。」 という訳で今日は家族で鰻を食べに行く相談がまとまったようだ。 赤ん坊がいるの ...

この記事は2016年12月30日に投稿されました

うなぎ創作 鰻樹 -manju- ~2016年うなぎ納め~

毎年、本業の仕事納めの夜は1年間の無事に仕事が出来た感謝と自分への慰労を兼ねて大好きな鰻をいただくことにしている。名付けて【うなぎ大好き的うなぎ納め】である。 今年は、カミさんが〈うなさし〉が食べたい、とのリクエストで『 ...

この記事は2016年5月4日に投稿されました

うなぎ創作 鰻樹 -manju- ~オリジナリティの素晴らしさ~

GW後半の3連休中日の4日。幸い予約がとれたので『鰻樹』さんへ行ってきました。 定番メニュー他に未食のメニューをいただいたので、それをメインにご紹介(^-^) まず、鰻料理ではありませんが、店主の鈴木裕介さんが勧めてくれ ...

この記事は2015年12月2日に投稿されました

うなぎ創作 鰻樹 -manju- ~友人の快気祝いからの~

松伏の川昌本店で「クリスマスコース」を堪能した帰りの車の中で吉川駅前に川昌さんで修業して独立した方のお店があると話をすると友人は興味津々。 「行く?」と言うと「行く!」と二つ返事。 鰻樹へ電話をするとランチタイムぎりぎり ...

この記事は2015年9月26日に投稿されました

うなぎ創作 鰻樹 -manju- 【うなぎが取り持つご縁】

初訪の時にお話ししたが、管理人が『うなぎ創作 鰻樹 』を知ったきっかけは、Facebookグループ「うなぎ愛好会」でのAさんの投稿である。 Aさんの投稿は粋でコメントは軽妙洒脱。素敵な方だと感じて、いつかお会いしてお話を ...

この記事は2015年9月20日に投稿されました

うなぎ創作 鰻樹 -manju-【家族で再訪】

お彼岸で家族そろってお墓参りを済ませた帰りの車の中でのことです。 娘が一昨日の『うなぎ創作 鰻樹 -manju-』のレポートを見て「美味しそうだから行きたい!」と言いだすと、カミさんも「行きたい!」婿さんも「たまにはみん ...

この記事は2015年9月18日に投稿されました

うなぎ創作 鰻樹 -manju-

Facebookにうなぎ愛のある人たちが集まる「うなぎ愛好会」というグループがある。その主要なメンバーAさんが2015年8月にオープンした『うなぎ創作 鰻樹』の第1号のお客さんで贔屓にしている。 Aさんの投稿を見るたびに ...

この記事は2008年9月3日に投稿されました

吉川 江戸一

2007年10月に無料開放された旧松戸野田有料道路(千葉県道5号松戸野田線)を流山から野田に向かうとかつて料金所のあった運河大橋を過ぎると「野田市今上交差点」があります。左へ曲がり、江戸川に架かる玉葉橋を渡ると埼玉県です ...

白岡市


この記事は2015年8月26日に投稿されました

うなぎ川魚料理 米屋

  埼玉県久喜市の日帰り温泉「森のせせらぎ なごみ」へ行って砂蒸し風呂に入り夏の疲れを癒してきた。久喜市は初めてきたところである。初めての土地に来た時には、近くにうなぎ屋さんはないかと探してしまうのがうなぎ大好きの性であ ...

ふじみ野市


この記事は2017年1月8日に投稿されました

ふじみ野 一味亭 ~ハレの日の鰻屋の真骨頂~

2016年9月の末に娘夫婦に2人目の子供が誕生した。 娘が安定期に入った頃から【お食い初め】は、埼玉県ふじみ野にあるお祝い会席の『一味亭』さんでお祝いしようと家族で相談していた。 『一味亭』の女将さんにも伝えると、喜んで ...

この記事は2016年6月22日に投稿されました

ふじみ野 一味亭 ~創業50周年感謝祭~

6月の初め、埼玉・ふじみ野の『一味亭』さんからお葉書をいただいた。 【創業50周年感謝祭】ということだ! これは、めでたい! しかも宛名面の余白には、手書きで感謝の言葉が…。 一味亭さんのホスピタリティにはい ...

この記事は2016年1月20日に投稿されました

ふじみ野 一味亭 ~鰻好きによる 鰻好きのための鰻店~

一味亭FBページの投稿に いいね!をしていると一味亭の若である西山加三喜さんからメッセージをいただいた。これをきっかけに何度かやり取りをさせてもらうことになる。 加三喜さんは、お父様の下で修業をしている若き鰻職人さんで鰻 ...

北葛飾郡杉戸町


この記事は2015年11月4日に投稿されました

杉戸 うなぎ割烹 高橋屋

東武スカイツリーライン・東武動物公園駅東口を降りて古利根川にかかる橋を渡ると「丸に片喰(かたばみ)」を染め抜いたノボリが並んでいる。そこが創業130年の老舗『うなぎ割烹 高橋屋』である。 門の前を少し進むと気軽に入れるテ ...

北葛飾郡松伏町


この記事は2016年8月3日に投稿されました

松伏 川昌本店 ~土用明けの前に夏のコース~

今年の夏の土用の丑の日は、1度きりのためか?多くの鰻専門店は売り切れ仕舞いなどが相次いでいたようだ。 土用の丑の日に限らず、鰻を食べている管理人は、丑の日当日の鰻専門店で店内飲食は控えるようにしている。鰻は好きだが普段訪 ...

この記事は2015年12月2日に投稿されました

松伏 川昌 本店 ~ひと足お先にクリスマスコース~

9月に地元の飲み友達が交通事故に遭って長期の入院を余儀なくされた。10日ほど前にめだたく退院したので、快気祝いをするという話になった。 何が食べたいか?と聞くと鰻が食べたいという。 どちらのお店にするかを考えてきた時に川 ...

この記事は2006年5月3日に投稿されました

松伏 川昌本店

   千葉県野田市と埼玉県松伏町の間に架かる野田橋を千葉県方面から渡り、2つ目の信号を右折して1Kmほど行くと右側に「どぜう」の大きな看板が見えてきます。そこが「川昌」です。 「うなぎ大好き」を見て下さる方から松伏の川昌 ...
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
食べログ グルメブログランキング

Count per Day

  • 611590総閲覧数:
  • 1153今日の閲覧数:
  • 2235昨日の閲覧数:
  • 350425総訪問者数:
  • 750今日の訪問者数:
  • 1455昨日の訪問者数:
  • 2015年5月15日カウント開始日:

アーカイブ

カテゴリー

  • facebook
PAGETOP
Copyright © うなぎ大好き All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.