RIMG003401RIMG002601RIMG003001RIMG002301 「玉家」は佐倉の旧市街のメインストリートから一本奥に入った裏新町通りにあります。歴史の街・佐倉を象徴する老舗で、建物も築150年以上だそうです。

余分な脂を落とし、旨みだけを残した蒸し加減は、食感の上でも身がトロトロになるちょっと手前で柔らかく歯ごたえも楽しめる絶妙さです。もちろん皮は香ばしくパリッとしています。甘さとしょっぱさの調和がとれているタレは、ほのかな鰻の旨みも感じられお店の伝統を感じさせます。

都内の名店に一歩も引けを取らない鰻です。佐倉を訪れた際は、うなぎ好きの方には、是非寄って頂きたいお店です。
注文を受けてからうなぎを裂き始めるので、なるべく予約をしてほしいとのことでした。

「玉家」は、私のうなぎ大好きの原点ともいえるお店です。私は、18歳まで佐倉に住んでおりました。当時は今ほど外食産業が盛んではなく、ハレの日の食事をお気に入りのお店で頂くものでした。母方の祖母がこのお店の鰻が好きで、祖母の卒寿のお祝いをした思い出深いお店です。

関連ランキング:うなぎ | 京成佐倉駅