JR中央線・荻窪駅北口の商店街の一角にある『川勢』
こちらの大将は、漫画『美味しんぼ』にも登場した鰻串の老舗名店『川二郎』で修業をされた方だ。

11月も半ば、お昼時もピークを過ぎたのに1階カウンターは、鰻員御礼である。
ランチの〈うな丼〉は1,200円也、という激安なのだ。
ほとんどのお客さんはそれが目当て。

常連さんらしき人が「今空くよ。」と席を代わってくれる。
こういう人情味あふれる客筋がいるってのが、良いうなぎ屋の証だ。

客足も落ち着いたようなので自慢の鰻串をいただくことにしよう。

まず〈ばら焼〉と〈ひれ焼〉

続いて〈きも焼〉

〈八幡巻〉〈串巻〉〈短冊〉

鰻串を堪能して、〆の〈うな丼〉

うなぎの量も文句なし!
吸物、お新香付きでこのお値段はCP高し。

ふわふわでありながら箸から落ちない絶妙な柔らかさ。
出しゃばらないタレ加減がうなぎの旨みを感じさせる。

大鰻足でお会計は、2千円台半ばとくれば申し分なし!
あ~“う”まかった。
ご馳走さまでしたm(__)m

関連ランキング:うなぎ | 荻窪駅