DSCN091301 DSCN091501

DSCN092301 DSCN092201

DSCN092101DSCN0918011861年、日本はまだ江戸時代、アメリカではリンカーンが大統領になった年に創業した歴史のあるお店だそうだ。

現在のご主人で6代目。「古いってのは、壊れかけてる証拠よ。」なんて言う江戸っ子気質で、手が空けば経済や政治の薀蓄まで飛び出す話好きなご主人もこのお店の名物。でも、何と言ってもここは鰻が旨いのが売り。

個人的にはここの鰻重が一番好きである。小さい鰻を使っているのに見事なふっくらさ、小骨はいちいち抜いたわけでもないだろうに見当たらないし、かと言って皮の歯ごたえは充分楽しめる。タレも甘めではあるがしつこくなく、いくら食べてもぜんぜんもたれない。

しら焼も是非味わって頂きたい。下ろしたての山葵と醤油でふつうに食べるのだが、つけていくうちに鰻の旨みが醤油に出て、まるで出汁醤油のようになる。