日刊スポーツの報道によると
サッカーW杯アジア最終予選の対北朝鮮が行われる埼玉スタジアムの地元浦和近郊は、江戸時代からうなぎが名物として知られている。 「浦和のうなぎを育てる会」では試合当日にうなぎを日本代表と日本協会へ差し入れることを決定したという。