RIMG006501RIMG005101 伊豆栄は、江戸中期の創業で260年の歴史を誇るそうです。また、鰻好きとして有名な昭和天皇も当時侍従長だった入江相政さんが贔屓にしていたこともあり、召し上がったという話があります。よく宮内庁御用達などというお店は格式ばって勘違いしているお店もありますが、こちらは格式ばったところは全くありません。それどころかお客さんは国際色豊かでこの日も近くのテーブルには中国人と思われるグループやフランス語を話すカップルがいました。もちろん日本人にも愛されています。隣のテーブルの老夫婦が美味しそうに鰻を食べる姿は、自分も年をとったらこうありたいと思わせる微笑ましい姿でした。
お店のパンフレットによると和歌山に自前の備長炭の窯を持っていて、鰻を焼くのはもちろん、タレ作り、ご飯を炊くのにも備長炭を使用するといったこだわりです。
私のお気に入りはご飯です。見た目は炊き込みご飯のように満遍なくタレがしみ込んでいるご飯は、それだけで頂けます。鰻自体も美味しいのですが、天皇陛下から外国の方まで愛されているので、クセが無さ過ぎるのが物足りないところでしょうか?!

 

関連ランキング:うなぎ | 上野御徒町駅上野広小路駅京成上野駅