RIMG015701RIMG015401 店構えだけを見ていると「ここが銀座?下町じゃないの?」と言いたくなる風情ですが、間違いなく銀座並木通り沿いにここ「ひょうたん屋」はあるのです。昼時には、これでもかというくらい鰻好きにはたまらない炭火で焼かれた良い匂いを界隈に撒き散らしています。その匂いにつられるように行列ができています。
店内に入っても銀座?感はいっそう増します。色模造紙にマジックインキで書かれたメニューも下町の居酒屋風ですし、値段も良心的な下町価格です。昼はうな重・並が1200円からで、一番高い特上でも2200円です。
ひょうたん屋の蒲焼きは、開き方が江戸前風に背開きで、焼き方は関西風で蒸さないで焼き上げます。ですから香ばしさは抜群なのです。蒲焼きをひとくち頬張ると、口の中が鰻の美味しさであふれ、ジューシーという表現しか思いつきません。江戸前風の蒸しを入れた調理法のように上等な豆腐のような食感とは違いますが、ふっくらさと歯応えの両方が楽しめる蒲焼きです。さらに甘さを抑えたキレのあるタレはこちらの鰻の美味さを引き立てています。

 

関連ランキング:うなぎ | 銀座一丁目駅宝町駅京橋駅