IMG_366001 IMG_3670

今日は、18:30から玉笑というお蕎麦屋さんで会食です。しかし、午前中からの予定が長引いてしまい、今日は何も食べていないのでお腹に少し何か入れておかないとせっかくの夕食が美味しく頂けません。うなぎ大好きですが、お蕎麦も大好きなのです(^^ゞ

複合ビルの中の店舗ならば、中休みがなく営業しているとお店はないかと検索しました。

渋谷ヒカリエのレストラン街に「うなぎ徳」という浜松のうなぎ屋さんの支店を発見しました。

15:00前の入店。この時間なのでお客さんは誰もいません。

IMG_366201IMG_366301IMG_366901当店の看板メニューとして紹介されているのは『お櫃うなぎ茶漬』ですが、白焼きと蒲焼きが両方楽しめる白焼蒲焼合盛御膳にうまきを頼みました。

まず、うまきが登場です。上手にうなぎを巻き込んであり、見た目も綺麗です。ほんのり甘いタレがかかっています。玉子焼きの風味を消さないさっぱりした上品なタレです。うまき専用のタレなのか?聞いてみると蒲焼きのタレだそうです。これは、蒲焼きもとても上品な気がします。

うまきを食べ終わると白焼き用の出汁醤油が運ばれて来ました。真ん中に仕切りがある小皿に2つ同じものが入れてあります。1つは生姜用でもう1つは山葵用だそうです。

お待ちかねの白焼蒲焼合盛御膳が登場です。白焼と蒲焼が半尾ずつ綺麗に盛られています。1人分のお櫃にご飯と肝吸い、小鉢にはコンニャクの煮物、お新香付きです。

まず、白焼きから頂きます。余分な脂を落としてあり、上品な白焼きです。それに合わせるようにさっぱりした出汁醤油でうなぎの旨味を殺しません。お塩を持って来てもらい、山椒塩で頂きますが、山椒の風味が強く、こちらの白焼きにはさっぱりした出汁醤油の方があうと感じました。

蒲焼も先ほどのタレから予想したようにさっぱりして甘めの上品な味わいです。

こちらは、ガツガツ食べるうなぎというよりもお酒を飲みながら頂くのにちょうど良いうなぎだと感じました。

関連ランキング:うなぎ | 渋谷駅神泉駅表参道駅