新橋に千円台でうな重が食べられるという店があるとの情報を得た。しかもランチの「うな丼」は税込1,600円だという。

新橋駅から外堀通りを内幸町方面に進み、日比谷通りと交わる「西新橋交差点」のひとつ手前を左に折れるとうなぎの看板が見える。

DSC0166401

ビルの奥へ進むと『まほろば 新橋本店』がある。

DSC0166301

店内へ入ると右側にテーブル席、左側は厨房に沿ってカウンター席がある。一人なのでカウンター席の隅に座る。

DSC0165401

情報通りランチメニューには「うな丼」…1,600円。その下に鰻1尾付けの「うな重」…1,900円とある。「うな丼」は「うな重」の蒲焼の3/4の重さと書いてある。300円差に悩むが、今日は「うな丼」をいただくことにする。

DSC0165601

注文してしばらくすると圧力釜のシューシューという音が聞こえてくる。他に客はいないので、自分の頼んだ鰻様を圧力釜で蒸しているようだ。

待つこと20分ほどで鰻様とご対面の時が来た。
丼の蓋はないのでメニューで隠して、ご対面のシーンを #うなパカ 動画にしてみる。

とろとろの鰻様である。口に入れると正に溶けていく感覚だ。
甘めのタレには大根サラダがいい箸休めになり、しじみの味噌汁もいい味を出している。

DSC0166001

炭焼きの香ばしさとともに溶けていく鰻様も格別の味わいである。
トロける鰻が好きな方にはお勧めだ!

DSC0166101

カウンターの上にはミルがあり、高知・仁淀川産山椒を挽き立てで味わえる。
山椒はかけない派だが、最後のひと口にかけてみるとの清々しい香りを楽しめた。

DSC0165501

「ひつまぶし丼 上」…2,050円は、蒸さない地焼きということなのでカリフワ系が好みの方にも楽しめるランチメニューになっている。

そして、通常メニューには、蒲焼き、白焼きの他に「塩焼き」や「醤油焼き」という鰻の焼き方もあるし、鰻の串焼きもあるようだ。
夜の部は、予約してほしいとのことだった。1名の予約も可能だそうだ。

店内の壁には本場・高知のよさこい祭りのポスターなど高知にこだわりがあるようなので店員さんに聞くと、店主は高知の主身で実家は養鰻をしているとか?養鰻場の名前を聞くのは忘れてしまったが、そうだとすればリーズナブルな価格設定も納得がいく。

こちらも夜の再訪をしたい店である。

 

関連ランキング:うなぎ | 内幸町駅新橋駅虎ノ門駅