ラズウェル細木さんのうなぎをただ美味しく食べ続ける漫画『う』
『う』には「うれしぴ」という鰻の創作料理のレシピが載っている。今回は、『う』2巻に載っている「麻婆う豆腐」のレシピを参考に自分でアレンジして作ってみた。

挽肉の代わりに鰻を使った麻婆豆腐。
コラーゲンたっぷりで美肌効果も期待できるし、鰻のコクで美味しさアップ。

酒のつまみに良し!ご飯にかけて「麻婆う豆腐丼」に良し!
うまいっ!ですよ(^-^)v

15112701

材 料 (4人分)

■具 材

  • 豆腐             1丁
  • うなぎ蒲焼          1串
  • 長ネギ(みじん切り)      1/3本
■タ レ
  • にんにく(みじん切り)    小さじ 1
  • しょうが(みじん切り)    小さじ 1
  • 豆板醤            大さじ 1
  • 甜麺醤            大さじ 1
  • 豆鼓醤            大さじ 1
  • ラー油            大さじ 1
■ 調味料
  • 鶏がらスープ         150ml
  • 紹興酒or酒          大さじ 1
  • 塩              少々
  • 醤油             大さじ 1
  • 砂糖             小さじ 1
  • こしょう           少々
  • 水溶き片栗粉         大さじ 2
  • 花椒粉or山椒粉        適量

作り方

1

材料を切ります。
豆腐を2cm角に切る。
長ねぎは、みじん切り。
しょうがは、みじん切り。
にんにくは、つぶしてみじん切り。

2

市販の蒲焼に熱湯をかけてタレを流す。
水気を拭いて、1.5㎝角に切る。

15112702

3

熱した鍋に油を少しひいて、しょうがとにんにくを香りが出るまで炒めます。

15112703

4

調味料を入れます。
四川豆板醤、甜面醤、ラー油、豆鼓醤を入れて、全てが一体となるように、焦がさないようによく炒めます。
※こげそうだな、と思ったら油を適宜加えてください。

15112704

5

タレの材料が馴染んで来たらカットした蒲焼を入れます。
ラズウェル細木さんのレシピでは、にんにく、しょうがと一緒に蒲焼を入れていましたが煮崩れを防ぐためにタレが馴染んだところで入れてみました。
※今回は、鰻の肝もあったので一緒に入れました。肝があるとコクが増します。

15112705

6

豆腐を茹でます。
別の鍋に湯を沸かし、沸いたら塩をひとつまみいれてから豆腐を入れ、茹でます。
豆腐がプルプルが浮いてきたら網ですくって、タレの入っている鍋に豆腐を入れます。

7

材料を全て煮ます
豆腐を入れたら、スープを加えます。 ※具材が浸るくらい入れます。
長ねぎ、を入れて煮ます。
少し煮たら、紹興酒、塩、しょうゆ、こしょうで味を調えます。

15112706

8

水溶き片栗粉を少しずつ入れ、とろみをつけます。

9

仕上げに、ラー油を入れ、混ぜて、皿に盛り、仕上げに山椒をちらして、完成!

15112701

おまけのヒント

スーパーなので売っている蒲焼を使う場合は、2の工程は面倒でも必ずしてください。加工品の蒲焼は冷凍しても旨味が抜けないように粘度の強いタレを使っているので、タレを流さないと味が染み込みにくいです。

辛い料理が苦手な方は、豆板醤、ラー油の代わりにオイスターソースを使ってみてください。