自分の休みは、日曜日の午後と水曜日。『川栄』も水曜休みなので日曜日に何度か突撃訪問するも「○○組待ちで、ご案内出来るかどうかわかりません。」といわれて、玉砕することが何度かあったし、臨時休業を知らずに来たこともあった。とにかく今までは縁がなかったのだ。

この日は、祝日の水曜日なので臨時で営業するというので突撃を敢行。
13:30頃に店に着くと9組待ちだという。そして、1名なので1階のテーブル席のみの案内なるという。
名前と電話番号を伝え、売り切れ仕舞にならないことを祈って待つことにする。

席が空いたら電話をくれ、2回電話をして出なければ、キャンセル扱いになる。

DSC0201401

店頭では、焼鳥や蒲焼、うなぎ弁当の販売をしている。この日はクリスマス前の休日とあって鶏ももの「骨つきロース」を買いにお客もひっきりなしに来ている。

店頭のショーケースの後ろに焼き台があり、焼鳥やら蒲焼を焼いているのが見える。それを見ていると意外に飽きないものだ。
撮影の許可をもらったので、店やお客の邪魔にならないように写真を撮ったりしながら待つ。

IMG_625501

IMG_625901

1時間ほど待って、店内へ入ることが出来た。

DSC0201701

川栄は「赤羽の鰻とほろほろ鳥料理が食べられる店」と但し書きがあるように鰻だけでなく、ほろほろ鳥も食べられる店なのだ。

お土産に「蒲焼」と「骨つきロース」を予約したので、鰻は他では見ない「一度漬け」をお重にしてもらう。

せっかくだからほろほろ鳥のお刺身とたたきを一皿にした「合わせ盛り」とほろほろ鳥のがらをじっくり煮た「ほろスープ」も頼む。

まず「ほろスープ」
鳥のいい出汁が出ています。寒かったので温まるし、うまいっ!

DSC0201901

続いて「合わせ盛り」
「たたき」は、にんにく醤油で「刺身」は山葵醤油でとのことだ。
「たたき」は、皮目が炙ってるので香ばしく、身と皮の間の脂がうまいっ!
「刺身」は、とてもさっぱりしている。

IMG_626201

そして、〆の一度漬けをのせた「うな重」の上。
お重の蓋を開けるシーンは #うなパカ 動画で

一度漬けは、うなぎを一度だけタレに漬け焼き上げたというだけあって色目も薄く、さっぱりとした口当たり。
鰻の旨味が感じられて、こういう蒲焼もありだな。うまいっ!

DSC0202101

DSC0202301

この日食べたメニュー以外にも食べたくなってお品が盛りだくさんにあるし、飲んだら腰を据えてしまいそう。
席がなかなか空かずに待つのもかわるなぁ。

また、機会があったら行ってみたい店だった(^-^)

 

関連ランキング:うなぎ | 赤羽駅赤羽岩淵駅