カミさんの仕事が平日で連休になったので温泉へ行こうと誘ってくれた。
宿をいろいろ探して、川治温泉へ行くことになった。
季節柄、雪が心配なので、電車で行くことにした。

宿の最寄り駅である川治湯元駅近くにはうなぎ屋さんが見当たらないので、東武鬼怒川線沿線でうなぎ屋さんを探すと大谷向駅から500mほどにある『天幸』さんがヒットした。

東武鬼怒川線と東武日光線のターミナル駅・下今市駅から鬼怒川温泉方面へひとつめの大谷向駅は、無人駅でひっそりしておりローカル感があふれている。

IMG_694001

大谷向駅西口から国道21号線へ出て、今市警察署北の信号を左に曲がり少し進むと右手に『お食事処 天幸』の看板が見えてくる。

DSC0249301

DSC0253001

店内へ入ると正面にカウンター席

DSC0251001

右手にはお座敷

DSC0250901

左手には、テーブル席がある。

DSC0252501

赤星(サッポロ ラガービール)が置いてあるので、まずお願いして喉を潤す。
呑めるのは、電車で来た特権だ(笑)

IMG_694201

メニューを拝見して、自分は「うなぎ定食」(3,240円)の蒲焼をご飯にのせてうな重にしてもらうようにお願いする。
カミさんは「海鮮かき揚げとお刺身のランチ」(1,296円)でやはりかき揚げ天丼にしてもらう。

30分弱で「海鮮かき揚げ丼とお刺身のランチ」が到着。

DSC0251101

具だくさんの海鮮かき揚げ丼

DSC0251201

お刺身は甘海老、鮪、タコ

DSC0251301

味噌汁はあら汁で他にお新香と杏仁豆腐がつく。

かき揚げはとても美味しい。天丼にして、タレがかかっているのがもったいないくらいにカラッと揚がっている。

つづいて「うな重定食」が到着。

「うな重定食」にも

DSC0251401

お刺身がつく。

IMG_694701

他に茶碗蒸し、煮物の小鉢、味噌汁、お新香と豪華版!

肝心の鰻様は、お重の蓋を開けると香ばしい。
口に入れると心地良い歯応えがある。
やや甘めのタレは鰻にもほどよく染みて、うまいっ!

IMG_694601

もしや地焼きなのかと店員さんに尋ねると蒸しは入っているとのこと。
「詳しいことはわからなので社長を呼んできます。」と小平昭二社長を連れてきてくれた。

DSC0252801

小平社長によると『天幸』さんは、創業60年を越え、当時は今市駅前にお店があったそうだ。
小平社長が2代目で店を継いだ42年前に現在の場所に移転したとのこと。

鰻は、先代からのタレや技法を受け継ぎ、備長炭の炭火焼にこだわっているそうだ。
地焼きのような歯応えがあり、美味しいことを伝えると
「蒸しているよ。オヤジが美味いと作り上げたものを引き継いでいるだけ。」とやや顔をほころばせて言う。
ややそっけない答えとは裏腹に優しさが含んでいるのは正に昭和の職人。

屋号に「天」の文字が入っているように天ぷらも美味しいのは、小平社長は天ぷらの名店『銀座 天國』で修業をされたからだ。
しかし、小平社長は
「10年以上いないと修業したことにはならないんだよ。10年はいなかったから、ただ居ただけだよ。」
と職人トークが続く。

また、こちらは作曲家の船村徹さんが贔屓にしていた店なのだ。
小平社長がわざわざ言ったのではなく、話の途中でわかったこと。

千葉から来たと言ったので近くのおすすめスポットを話してくれて、去年、下今市駅の近くに「道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣」がオープンしてその中に「日本のこころのうたミュージアム・船村徹記念館」が入っていると教えてくれた。
すると、地元の常連さんが「船村徹先生は、ここの鰻が好きでゴルフの帰りによく来ていた。」とフォローしてくれてわかったのだ。

船村徹さんは、お隣の旧船生村の主身で小平社長の学校の先輩にあたるという。その縁もあって、鰻好きの船村徹さんはゴルフなど戻った際にはよくいらしており、ゴルフコンペの宴会などもされていたそうだ。

「船村さんとのツーショット写真とかあるのではないですか?」と聞くと
「探せばあるだろうけど、そういうの出すの嫌いなんだよ。」と笑っていた。
やっぱり、昭和の職人気質である。

小平社長と話し込んでいて、ふと時計を見ると次の電車まで1時間近くある(^^ゞ
15:00までお店は開いているというので、もうしばらく置いてもらうことにした。

「ざるそば」(486円)と「うなぎの骨せんべい」(216円)に赤星を追加してゆっくりさせてもらう。

「ざるそば」は頼んで打ってもらっているとのこと。
福田昭夫衆議院議員が、今市市長時代にそばで町おこしに力を入れていたので、そばも扱うようになったそうだ。

DSC0252001

そばの風味もあり、この価格ではCPは高いと思う。

DSC0252401

「うなぎの骨せんべい」は揚げ立てを持ってきてくれた。
ほんのり味を染みさせていて、パリッパリでうまいっ!
パックに入れたお土産用も324円で売っている。
真っ直ぐ帰宅するなら買っていただろう。

DSC0252601

帰り際には
「向かいのガソリンスタンドの脇の道を真っ直ぐ行くと駅への近道だよ。」と教えてくれた。
有り難い!

旅の思い出に残る店がまた増えた。

『天幸』ホームページはパソコンの先生に任せていて更新が滞っているそうです。
価格が消費税5%のままなので注意しましょう!

 

関連ランキング:天ぷら | 大谷向駅