2016年の冬至は、12月21日(水)です。

冬至は、北半球では太陽の高さが一年中で最も低くなり、昼が一年中で一番短く逆に夜が長くなります。

冬至については様々な云い伝えや風習が残されています。
よく云われていることとして、冬至にはかぼちゃを食べて柚子湯に入る習慣があります。
冬至にかぼちゃを食べるのには、中風(脳卒中)や風邪を引かないとか金運を祈願する意味があるようです。

【冬至にかぼちゃ】は緑黄色野菜の少ない冬にカロテンやビタミンの多く含まれるかぼちゃを食べ、風邪等への抵抗力をつけようとした先人の知恵だと言えます。かぼちゃに含まれるβ―カロテンはビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。

それならば、ビタミンAが豊富な鰻でもいいのでは?というのがうなぎ大好きの考えです。
うなぎ1匹で成人が1日で必要とする量を充分に満たしてくれます。

また、冬至に「ん」のつく食品を食べると幸運が得られるという言い伝えがあります。

鰻で「ん」のつく食べ物といえば<うな丼>ですね。

IMG_220401

鰻は金運対策もバッチリです!
何てったって鰻昇りですからね。

うなぎ大好きでは、冬至には<うな丼>と旬のみかんを食べて、柚子湯に入ることを広めていきたいと思います。