『うなぎ割烹 にし村』新規オープンドキュメント第6弾です!

『うなぎ割烹 にし村』のオープンが6月13日(火)に決定しました!

オープンへ向けて改装工事は順調に進んでいます!

奥の飲食スペースに雪見障子が入りました。
明るい和モダンな空間に変貌していきます。

そして、厨房も大きく様変わり。

以前も油汚れがひどかった厨房がピカピカに磨き上げられて、鰻調理に欠かせない火鉢と和蒸籠も

特に火鉢は、炭火焼鰻の店の魂というべきもである。
『うなぎ処 古賀』店主・古賀秀喜さんがプロデュースした火鉢だそうだ。

古賀さんは、南千住の名店『尾花』などで長年腕を振るい、8年前に独立開業された。
今では浦和の名店のひとつに数えられる『うなぎ処 古賀』だが、開業当初はご苦労があったと聞く。
だからこそ、長年の修業は嘘をつかない、必ず報われるとの餞が込められているのではないか。

横200cm×縦80cm×厚さ6cmの樹齢数百年といわれる楓の一枚板。
多くの人が「神様が宿っている木」だと口にしたそうだ。
この木に『うなぎ割烹 にし村』の銘が入り、客も店も職人も見守る看板になるのだろう。

6月中旬オープンまであと僅かです!

大切なお知らせ

『うなぎ割烹 にし村』のFacebookページが出来ました。
↑クリックして いいね! お願いします。


千葉県松戸市稔台1-1-21

うなぎ割烹 にし村