関東の小京都・古河で半世紀 ~川松~

古河市


今日は関東の小京都といわれる古河のうなぎをいただくために東武新古河駅へやってきました。

新古河駅は埼玉県加須市にあるんですが、渡良瀬川を渡ると茨城県古河市に入るんです。

さあ、古河市に入りました。

川沿いから市内へ向かう道をしばらく歩きます。

こちらが今日のお目当てのお店『川松』さんです。

お店の前にはうなぎを活かしておく立場があります。
新鮮なうなぎを使っている証拠ですね。

店内1階は、小上がり席とテーブル席があります。
テーブル席に座って、メニューを拝見します。

今日はうなぎが2/3尾の〈うな重・松〉と〈白焼き〉をお願いします。

まず〈白焼き〉が到着です。

山葵醤油のほかに黒七味でも食べてください。

勧められると、すぐ試してみる性格なので

白焼きに黒七味!いいですね(^^♪

黒七味に山葵を足すと
もっと自分好みに!

もちろん、山葵醤油でもいただきます。

川松さんの〈白焼き〉
新鮮で肉厚なうなぎをふっくら仕上げているので、とても美味しくいただきました。

〈うな重・松〉も到着です。

うな重パッカーン♪

茨城県古河市『川松』にて〈うな重・松〉の蓋を開ける

肝吸い、お新香の他に小鉢、デザート付きの豪華版です。

〈うな重・松〉は2/3尾といっても太物肉厚なのでボリューム鰻点です!

サラッとして甘さ控えめのタレがうなぎの旨みを引き立てています。
とても品のある蒲焼です。

一気に完食。大鰻足でご馳走さまでした。

2代目の三瓶和弘さんに少しお話を伺いました。

川松さんは創業してどのくらいですか?

1970年の創業で去年が創業50年でした。

川松さんのこだわりを教えてください。

お客様をお待たせしてしまうのですが
出来る限り裂きたて焼きたてを召し上がっていただきたいと思います。

ありがとうございます。
ご馳走さまでした。

本日はご来店ありがとうございます。
またのご利用をお待ちしております。

うなぎをいただいている間も出前やテイクアウトの電話がたくさんかかってきていました。
地元に愛されるお店は良いお店に間違いありません!

関連ランキング:うなぎ | 古河駅

タイトルとURLをコピーしました