中央区

中央区

宗右衛門町 菱富 ~江戸焼うなぎの老舗でお弁当~

大阪に滞在していると知った名古屋の友人からLINEが入った。 「もし、時間に余裕があれば宗右衛門町の『江戸焼うなぎ 菱富』さんへ行ってみてください^^」 ちょうど、心斎橋から難波へ向かっているときのことだった。 スマホでググると 創業明治中頃。食通が、行き交う大阪・宗衛門町の一角で、以来、鰻一筋, 約120年にも 亘る歴史のもとに、関東・江戸風かば焼きを看板として、東西を問わず、...
中央区

阿み彦 ~優しい老舗の鰻~

東京のうなぎ好きの友人から 「大阪へ行くなら ちょー老舗の『阿み彦』さんも外せないですよ♪」 とLINEが入っていた。 『阿み彦』の歴史を調べると 今をさかのぼること380年近く前の寛永年間に大阪・綱島にて初代が川魚商を始めたのがその始まりということだ。 その後、北浜にて3代目が屋形船で鰻屋を始めて、現在の11代目に至るということだ。 『阿み彦』の創業は、昨年(2016年)...
中央区

本家柴藤 ~暴れん坊将軍の時代から~

昨日は、織田作之助の『夫婦善哉』に登場する『出雲屋』の系譜を引き継ぐ船場の『いずもや』さんへお邪魔した。 『夫婦善哉』の中で主人公の柳吉と蝶子が、うなぎを食べた後に春団治の落語を楽しむ場面が出てくる。 春団治の落語といえば、上方落語「うなぎや」 はじめ「出雲屋」の前通ったんで、今日はウナギで一杯呑ましてくれよん ねんやありがたいなぁ思てたら「出雲屋」の前知らぁん顔して通り過ぎよっ ...
中央区

炭火焼寝床 ~ナニワ鰻優道~

この日は、夕方からテレビ番組の収録をして、大阪泊。 収録が何時に終わるかが不明なため、あらかじめ夜遅くまで営業しているうなぎ屋さんを検索する。 すると「関西では珍しいうなぎの炭火焼が堪能できます!」というお店がヒットした。 店名は『炭火焼寝床』 地下鉄御堂筋線なんば駅から徒歩8分とある。 宿泊したホテルが中津なので御堂筋線1本で行ける。 テレビ番組の収録が終わり、ホテルにチ...
中央区

いづもや 船場 ~上定食で鰻福~

『いづもや』は、1876年(明治9年)の創業。 当時は、出雲の天然うなぎを大阪へ直送していたので、屋号を『いづもや』としたという。 うなぎは万葉の昔から、栄養価が高く、貴重なものとして扱われていた鰻を〈十銭まむし〉として大衆に広めたのが『いづもや』の功績だと聞く。 織田作之助の代表作『夫婦善哉』には、『いずもや』を描写する場面が出てくるので、引用する。  新世界に二軒、千日...
タイトルとURLをコピーしました