茨城県

古河市

水の郷の恵み ~川松~

息子からInstagramで親しくなったうなぎ屋さんへ行きたいとのLINEが入りました。 詳しく聞くと先月行った茨城県古河市の川松さんでした。 川松・公式Instagram 先月は電車で行きましたが、今回は息子の車で行くというので久しぶりに息子と孫とドライブもイイですよね(*^^*) 先月、川松さんへ伺った時に「古河の川魚料理を広める会」のパンフレットをいただ...
古河市

関東の小京都・古河で半世紀 ~川松~

今日は関東の小京都といわれる古河のうなぎをいただくために東武新古河駅へやってきました。 新古河駅は埼玉県加須市にあるんですが、渡良瀬川を渡ると茨城県古河市に入るんです。 さあ、古河市に入りました。 川沿いから市内へ向かう道をしばらく歩きます。 こちらが今日のお目当てのお店『川松』さんです。 お...
笠間市

進化!深化!真価! ~うなぎ量深~

今年(2018年)1月から『むぎとろ量深』から『うなぎ量深』へ屋号を変えたという。今年の1月と言えば、ウナギの稚魚(シラスウナギ)の不漁で、ウナギ業界にとっては受難の時期。よくぞ思い切ったと応援したい気持ち鰻タンだったが、なかなか時間がとれず師走になってしまった(~_~;) 新しい「うなぎ」の看板が目を引く。 お座敷に案内されて、くつろいで待たせてただくことにする。 ...
笠間市

うなぎ 麦とろ 量深 ~神社近くに名店あり~

日本三大稲荷に数えられる笠間稲荷神社・一の鳥居に面する門前通りから神社東側の小路へ入る。 総門前を過ぎると『うなぎ 麦とろ量深』が店を構えている。『量深』は“りょうしん”と読む。 入口右手から団扇を扇ぐ心地よい音が聞こえてくる。音のする方へ誘われていくと格子戸の向こうには炭火の焼き台があり職人さんが鰻を焼ている。気配に気づいたのか、格子戸が開き、職人さんが顔を見せてく...
牛久市

牛久 う奈ぎ道場同源亭 ~素敵なお庭を愛でながらいただく至高の焼きに大鰻足~

このお店は閉店しました。 『う奈ぎ道場』道場主・鹿野雄二さんと【うなぎ大好きドットコム】は、ネットを通じて10年以上交流させていただいている。しかし、『う奈ぎ道場』本店は、我が家から程近い北松戸にあるので、いつでも行けると中々伺えずにいた。 すると先月(2017年5月)、茨城県牛久市に『う奈ぎ道場 同源亭』がオープンするとの情報が入った。『う奈ぎ道場 同源亭』には素敵なお庭があり...
東茨城郡茨城町

うなぎや ~涸沼の幸~

涸沼の畔にある『うなぎや』さんも水曜定休で水曜休みの自分には祝日営業などでしか伺えないお店。近くまで来たので寄っていこうとなった。ちょうど1年ぶりの訪問だ。 『うなぎや』さんは、11時から19時までの通し営業なので昼時を過ぎても開いているので助かる。 15時過ぎの入店だったので他にお客様はいない。 窓際の涸沼の景色を楽しみながら涸沼の恵みをいただくことにする。 ...
水戸市

う女川 ~しじみ問屋直営店で鰻としじみを鰻喫~

大洗の中心部から北関東自動車道・水戸大洗インターチェンジへ向かう国道51号沿いにしじみ問屋直営の食事処『う女川』がある。 水曜休みの自分にとって、水曜定休のお店はなかなか伺うチャンスがない。伺った日は、祝日なので営業しているとのことなので大洗磯前神社へ参拝したあとにお邪魔した。 店内へ入ると左手に売店と帳場があり、通路を挟み道路側に上がり座敷が並んでいる。その奥には座...
神栖市

神栖 茂利戸家 ~ボリューム鰻点~

国道124号線沿いの「神栖中央公園」から1㎞ほど入った住宅街にある『茂利戸屋』ボリューム鰻点のうな重が食べられるとネットで評判の店である。 営業時間が不明だったので、行く前日に電話をかけると、11:40から13:40までぐらいの営業とのこと。「いらっしゃる時間がわかれば、席をおとりしておきますが...」と言われたが何せ、自宅から80㎞ほどあるのに加え、2か所寄っていくところもある。「時間の...
神栖市

但馬山杉澤 ~鰻問屋出身の店主がこだわる鰻と銘柄地鶏の店~

銚子から鹿嶋へ至る国道124号線沿いに『但馬山杉澤』はある。電車での最寄り駅はJR成田線・下総橘駅だろうか?千葉県側から利根川大橋を渡り、国道24号線を波崎方面へ3㎞ほど走ったところである。 道路沿いの大きな看板が目印 立派な割烹風の建物である。 玄関脇には「名古屋コーチン普及協会」のポスターがある。地鶏料理に力を入れている様子がわかる。 伺うきっ...
東茨城郡茨城町

うなぎや ~涸沼湖畔で鰻としじみ~

涸沼涸沼は、東茨城台地、鹿島台地に囲まれた所に位置し、上流から笠間市を水源とする涸沼川や大谷川などが流れ込む。下流側では涸沼川が那珂川に合流し、そのすぐ先で海と通じており、満潮時には海水が涸沼川を逆流し、淡水と海水が混ざりあう汽水湖となっている。Wikipediaより 涸沼の湖畔に建つその名もずばり『うなぎや』2011年春に建て替えられて綺麗になっていた。 玄関を入る...
タイトルとURLをコピーしました