うなぎ丼

中央区

究極を求めて ~うな善~

福岡の『うな善』さんのFacebookページを拝見するとすんごく美味しそうな白焼きがカバー写真になっています。 いつか福岡に行く機会があったらお邪魔したいと常々思っていました。 今回、福岡行きが決まってすぐに予約の電話をすると女性の優しそうな声が返ってきます。 とても感じが良く、丁寧な対応で電話の向こうから笑顔も見えるようでした。 予約の瞬間から気分はうなぎ昇りでした。 ...
中央区

阿み彦 ~優しい老舗の鰻~

東京のうなぎ好きの友人から「大阪へ行くなら ちょー老舗の『阿み彦』さんも外せないですよ♪」とLINEが入っていた。 『阿み彦』の歴史を調べると 今をさかのぼること380年近く前の寛永年間に大阪・綱島にて初代が川魚商を始めたのがその始まりということだ。その後、北浜にて3代目が屋形船で鰻屋を始めて、現在の11代目に至るということだ。 『阿み彦』の創業は、昨年(2016年)のNHK大...
中央区

いづもや 船場 ~上定食で鰻福~

『いづもや』は、1876年(明治9年)の創業。当時は、出雲の天然うなぎを大阪へ直送していたので、屋号を『いづもや』としたという。 うなぎは万葉の昔から、栄養価が高く、貴重なものとして扱われていた鰻を〈十銭まむし〉として大衆に広めたのが『いづもや』の功績だと聞く。 『ちくま日本文学035 織田作之助』筑摩文庫版カバーに描かれている『いづもや』 織田作...
伊勢市

伊勢神宮・外宮前 喜多や ~伊勢まぶし~

伊勢のうなぎ屋さんでは、タレで混ぜ合わせたご飯の上に蒲焼をのせた〈伊勢まぶし〉があるらしい。以前、伊勢へ来たときは鰻嫌いな友人と一緒だったので食べ損ねてしまった。 子供の頃は、うなダレご飯だけをお代りしたいくらいだった。鰻の旨みが染みたご飯を追いダレをせずに満遍なく混ぜるということにこだわった、当時から変わった子供。それを最初から混ぜてくれているというのだからこんなに有難いことはない。 ...
タイトルとURLをコピーしました