さいたま市浦和区

浦和区

祝・移転新装開店 〜UNAGI KOGA〜

今日は、9月に移転新装開店した『うなぎ処古賀』へ行来てました。 北浦和駅西口を出て、国道17号をひたすら南へ。 ロイヤルホスト浦和常磐店の隣に“うなぎ”ののぼりが見えてきます。ここが新たな『うなぎ処古賀』さんです。 モダンな外観とUNAGI KOGAのロゴが輝いてますね。 店内も白を基調としたお洒落な設えです。 カウンター席は...
浦和区

くら川 ~革命児たちの響宴~

養鰻の革命児・泰正オーガニック鰻 泰正養鰻の横山桂一さんが上京された。嬉しいことに一日ご一緒してくださるという。今から1年半前、横山さんが泰正養鰻の様子をTwitterで発信し始めた時に「ここまで公開していいの?」と思いながらリツイートした。相前後して、『鰻 はし本』の4代目・橋本正平さんも相互フォロワーとなり、交流が始まった。 横山さんは、泰正オーガニック鰻が世に出る初期からのコア...
浦和区

浦和 食と燗 くら川 ~泰正オーガニック鰻と凄腕料理にくらっ~

泰正養鰻の横山桂一さんから八重洲『はし本』さん、所沢小手指『うなぎ屋酒坊・画荘 越後屋』さんに加えて日本橋小網町『うなぎ喜代川』さん、浦和『食と燗 くら川』さんにも泰正オーガニック鰻の出荷を始めたと連絡があった。 前回の出荷の際は、喜代川さんはタイミングが合わず、くら川さんは入荷分は予約で埋まっているとのことで断念した。 浦和駅西口を出て、浦和駅前交番の先の小路を左へ入る。店頭の杉玉...
浦和区

浦和 二代目串長 ~口を開けば、うなぎの話~

Facebookでつながるうなぎ愛好会のメンバーと「さいたま市浦和うなぎまつり」を楽しんだ後、語り尽きないうなぎの話の続きを「どこかで一杯やりますか?」ということになった。「浦和のうなぎ屋さんはほとんどうなぎまつりへ出ているからうなぎ屋さんでなくてもいいよね。」といいつつ「そう言えば、浦和にうな串屋さんあったよね。」「うなぎまつりも弁当は早々に売り切れてしまうのだから倶利伽羅焼などのうな串も出せ...
浦和区

江戸前うなぎ彦星 ~浦和の新星~

このお店は、2020年7月27日をもって一時休業中です。近隣にて再開予定ということですので公式サイトをチェックしてください。 この日は、さいたま市見沼区にある大手川魚問屋である「鯉平」さんを見学させていただいた。 その際に『江戸前うなぎ彦星』の店主・中嶋勇志さんのお話が出た。 中嶋さんは、以前の仕事で鯉平さんへ出入りしていたのをきっかけにうな...
浦和区

浦和 和香 ~ご好意に甘える~

浦和のうなぎ日記のけいすけさんに紹介されて、お気に入りになった浦和の和香さん。自分の休みと和香さんの休みが被っていてなかなか行けないのだが、この日は仕事が早く終わったので、カミさんと行こうという話になった。和香さんへ電話をすると、鰻は松しか残っていないというので、取り置きをお願いして車で急ぐ。ラストオーダー2時間前というのにさすが人気店だ。 高速に乗って、けいすけさんに連絡をとるとちょっと...
浦和区

浦和 満寿家

浦和でうなぎDAYの2軒目は、明治21年創業の老舗.満寿家へ伺うことにしました。 昨年7月に建て替えが完了して、綺麗な店舗で再オープンしたそうです。 入口は、旧中山道沿いの入口と駐車場側の入口の2つがあります。旧中山道側の入口はいかにも老舗のうなぎ屋さんの設えで、駐車場側は高級割烹を感じさせます。 入口に貼り紙があります。本日、坂東太郎は終了しました。坂東太郎は、売り切...
浦和区

浦和 うなぎ浜名

浦和駅西口の「うなぎ浜名」へやって来ました。 こちらは、食材にこだわっているようです。鰻は、大井川共水うなぎ。米は、新潟産コシヒカリ。地どりは、徳島・阿波尾鶏。 うな重の中(税別 3800円)と肝焼き(税別 580円)にKIRIN一番搾り 中瓶(税別 650円)をお願いしました。 「30分以上お待たせしますが、よろしいですか?」「はい」 美味しいうなぎは、待つもの...
うなぎ大好き日記

浦和  鰻 むさし乃は売り切れ仕舞い

この20日くらい、旧サイトのアーカイブファイルをこのWordPress用サイトに書き換え作業をしていました。ようやく今日、のべ約200軒のうなぎ屋さんレポートを投稿完了しました。 ほっとしたら、頭が鰻でいっぱいです(笑) お店のデータは、食べログさんのリンクを貼っています。食べログ全国うなぎランキングの上位に入っているお店でまだまだ行っていないお店がたくさんあります。 今日は、1...
浦和区

浦和 中村家

JR浦和駅西口から埼玉県庁方面に歩くこと数分、「埼玉会館」の向かいにいかにも老舗という風格のお店に”蒲焼” と染め抜かれた暖簾がかかっています。こちらが「中村家」です。 雪が雨に変わった夕刻の開店時間を少しだけ過ぎた頃、暖簾をくぐると先客はいらっしゃらないようです。席に案内される前に40~50分待つことを聞かれ、もちろん承知の旨を伝えます。お酒をいただきながらゆっくりと待つことにし...
タイトルとURLをコピーしました