亀有駅

葛飾区

亀有 鮒眞 ~寒の土用の丑の日を明日に控えて~

土用とは、土旺用事(どおうようじ)の略。 土用というと夏を思い浮かべる方も多いと思うが、土用は各季節にあるのだ。 陰陽五行説で、春・夏・秋・冬をそれぞれ木・火・金・水とし、土を各季節の終わりの18日間に当てはめた。 つまり、立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間を土用という。 春夏秋冬の土用のうち夏の土用の丑の日には鰻を食べる習慣が定着している。 土用とはある意味、季節の変わり目で...
葛飾区

亀有 うな辰

亀有には、南口の目当て蕎麦店がありやって来たのですが、あいにく売切れ閉店のようで、蕎麦に染まった脳みそを鰻でリセットと北口へ移動しました。 メニューは、うな重が1700円と2200円に売切れ御免の肝焼き、お新香のみ。 酒類は、ビールと清酒。ビールはキリンとアサヒが選べます。 19時近くの入店だったので、肝焼きは売切れ。ビールと2200円のうな重を頼みました。 蒸し...
葛飾区

亀有 うな辰

今年はシラスウナギがますます不漁になってしまい、土用の丑の日にはうなぎの価格高騰が大きなニュースになってしまいました。 丑の日にうなぎを食さなかったので、どこでうなぎを食べようか?と思案の挙句、亀有のうな辰さんの懐かしい味を思い出し、行ってまいりました。 うな重はお新香、吸物つきで1700円と2200円で2200円の注文して、きも焼きをあてにゆっくり待とうとしましたが、あいにくきも焼...
葛飾区

亀有 うな辰

JR常磐緩行線「亀有駅」北口を出てみずほ銀行に沿って歩き牛角系(株式会社レインズ)のカレーショップ「カレキチ」の角を左折、「サンホーム」という不動産屋さんの角を右折すると亀有北口中通り商店街(らぶえいど)に入ります。200mほど行った左側に店舗写真でもわかるとおりのレトロなお店が出現します。それが「うな辰」です。 暖簾をくぐると右手がカウンター(4席)、左手が小上がり(テーブル2卓...
葛飾区

亀有 うなぎ・割烹 川亀

 JR常磐緩行線「亀有駅」南口を出て三菱東京UFJ銀行の右側の通り「亀有中央商店街」を進み、最初の信号(交差点右手前に肉のハナマサの黄色い看板が目印です)を左に曲がりすぐ左側に「うなぎ・割烹 川亀」はあります。 暖簾をくぐると親方と女将さんが笑顔で迎え入れてくれます。いかにも人が良さそうで、人情味あふれる笑顔を拝見していると「下町のお店に帰ってきた」と実感するのです。  うな...
タイトルとURLをコピーしました