浅草

台東区

浅草 川松別館

川松別館 1月7日、本日までは正月限定メニューだそうです。限定といっても正月だけの特別な料理があるというのではなく、仕入れの関係で提供できるメニューが限定されています、という意味です。残念! うなぎ関係のメニューは、「蒲焼定食」、「蒲焼」の中と上、「うな重」の中と上だけでした。 うな重 上 うな重の上と中を注文。10分もしないうちにうな重が到着。うな重の作り方も大勢のお客...
台東区

浅草 初小川

観音様の羽子板市の帰りに久々に初小川に寄って来ました。12時ちょと過ぎに着いたので待つのを覚悟でしたが 、冷たい雨のおかげか、すんなり入店できました。 店に入ってすぐ右側に2人差し向かいの小さな座卓の小上がり席。店に中央に火鉢を囲んで6人座れる椅子席。奥の座敷は6人入ればいっぱいなので、昼時は待つことが多いのでラッキーでした。 火鉢の奥の席に座り、きも焼とうな重の小を注文。向...
台東区

浅草 色川

無性に色川の鰻が食べたくなって行ってきました。1時半少し前!急げば間に合う!店の前に行くと暖簾がまだ出ておりセーフです。「こんちは」「おぅ、 お茶でいいかい?」「肝とかゑりあります」「3本ぐらいなら残ってる」「それとビール下さい」「おぅ、シメはうな重でいいな」「上お願いします」「おぅ」というようなやり取りがありましてカウンタ-で焼くオヤジさんの姿を見ているのも至福の時です。まず、...
台東区

浅草 小柳

伝法院通りから天ぷらの大黒屋の角を曲がった次の四つ角にあります。お店の構えからしていかにも浅草です。味にもそれはいえることで、すべてが懐かしい味なんです。玉子焼きも職人さんが作ったというより、料理上手のお母さんが焼いたようにふんわり甘口です。もつ焼きや焼き鳥のタレもみたらし団子のタレのようなトロッと絡まるタレです。うな重は、ひと言で言えば、スタンダードです。良く言えば、これがうな...
台東区

浅草 色川

1861年、日本はまだ江戸時代、アメリカではリンカーンが大統領になった年に創業した歴史のあるお店だそうだ。 現在のご主人で6代目。「古いってのは、壊れかけてる証拠よ。」なんて言う江戸っ子気質で、手が空けば経済や政治の薀蓄まで飛び出す話好きなご主人もこのお店の名物。でも、何と言ってもここは鰻が旨いのが売り。 個人的にはここの鰻重が一番好きである。小さい鰻を使って...
台東区

浅草 初小川

 明治40年創業という年季の入ったお店。店内も上の写真でも分るとおり、レトロな雰囲気が満ちています。14、5人も入ればいっぱいになってしまう文字通りうなぎの寝床のようなお店なので多少待つのは覚悟しなければならない。しかし、注文を受けてからの待ち時間は、以前に比べてだいぶ短縮されたようだ。このお店の特徴のひとつに甘味を入れない辛口のタレというのがある。確かにタレは好みが分かれると思うが、私...
タイトルとURLをコピーしました