高嶋家

中央区

日本橋小舟町 高嶋家 ~二の丑に食べると粋な逸品~

二の丑に食べると粋な逸品 7月31日放送のフジテレビ『ノンストップ』「愛すべき!うなぎのモノがたり」のコーナーで『高嶋家』五代目・鴛尾明さんがVTR出演されました。 五代目が紹介するのは「二の丑に食べると粋な逸品」 〈うざく〉と〈肝焼き〉 鰻専門店の定番サイドメニューは、うなぎを余すところなく使おうとするものが多い。うなぎの資源...
うなぎ大好き・番外編

ニホンバシ桜屋台2017

今年も【日本橋 桜フェスティバル】の季節がやって来た。 中でも楽しみにしているのが【ニホンバシ桜屋台】である。 日本橋料理飲食業組合の「日本橋 三四四会」加盟する飲食店舗などが出店し、2日限定の特別メニューを提供される。 しかも今年は「日本橋三四四会」のブースで商品を購入するとオリジナルシールがもらえて、集めた枚数によって抽選にも参加できるという。 ...
中央区

高嶋家 ~愛新覚羅溥傑が好んだ鰻店で舌鼓~

日本橋小舟町の高嶋家のホームページには「ラストエンペラー愛新覚羅溥儀の弟溥傑も好んだ当店自慢の鰻。」との記載がある。 愛新覚羅溥傑 愛新覚羅溥傑(あいしんかくら ふけつ 1907年4月16日 - 1994年2月28日)は、清朝最後の皇帝で、のちに満洲国皇帝に即位した愛新覚羅溥儀の実弟。清朝における地位は醇親王継嗣、満洲国軍人としての階級は陸軍中校。中華人民共和国では全国人民代表...
中央区

小舟町 高嶋家 ~鰻重箱 竹~

日本橋小舟町は、江戸初期からの町で、江戸の湊口への物資輸送に大いに利用されたため、小舟町西の河岸を小舟河岸とか鰹河岸と呼び、かなり重要な役割を果していたようです。こうして古くから続いて来た町でしたが、日本のメガバンクの一つ、みずほファイネンシャルグループの創始者、安田善次郎が鰹節問屋兼両替商を創業したのも日本橋小舟町でした。 日本橋小舟町には馴染みがなくとも浅草の観音様へ行ったことがある人...
うなぎ大好き・番外編

ニホンバシ桜屋台

2016年3月18日(金)から2016年4月10日(日)の期間、日本橋地域において【日本橋桜フェスティバル】が開催されている。 3月26日(土)、27日(日)の両日は【ニホンバシ桜屋台】と題して、福徳神社周辺の浮世小路で日本橋料飲組合『日本橋三四四会』等に加盟する老舗・名店が集い、日本橋の逸品を楽しめるイベントが開催された。 『日本橋三四四会』について (日本橋三四四会ホームページ...
タイトルとURLをコピーしました