大津市

日本一のうなぎ ~逢坂山かねよ 本店~

もう随分と前のことになりますが、京都へ行ったときに大津まで足を延ばして、『逢坂山かねよ』さんでいただいた〈きんし丼〉の味が忘れられません。 読売テレビの『わけありレッドゾーン』に出演した時も関東だけでなく関西のうなぎも紹介してほしいとの要望で、真っ先に〈きんし丼〉を紹介させていただいたほどです。 今回、京都へどうしても行かなければならない用事があり、琵琶湖畔へ宿をとって久方ぶりに『逢坂...
うなぎ大好き日記

ミシュランガイド2021東京 うなぎ

2020年12月10日 『ミシュランガイド東京2021』が発売になりました。 今回、うなぎのカテゴリーで掲載されたお店は計5店舗です。 ビブグルマン ビブグルマンに掲載されたお店は3店舗。 杉並区『小満津』 かつて小満津は東京・京橋にあり、2代目は名人と謳われていたそうです。 食通で知られる文豪・文化人の作品登場するのが、その証です。 197...
所沢市

新作うなぎコース ~うなぎ屋酒坊・画荘 越後屋~

今日は埼玉県所沢市『うなぎ屋酒坊・画荘 越後屋』へやってきました。 2020年11月30日放送の関西テレビ系「所JAPAN」で セクシーワイルドと紹介された店主・島崎 剛さんから 新作うなぎコースが出来たというのでお邪魔しました。 うなぎ出汁 かぶのスープ かぶの甘みに鼻へ抜けるうなぎの香り。 そこにスモークサーモンの塩気が加わり 凛とした冬の夜空を思わせ...
千代田区

東京で名古屋うなぎに舌鼓 ~炭焼うな富士 有楽町店~

人口約230万人の愛知県名古屋市には、およそ200店のうなぎ屋さんがある。 その中で屈指の名店と呼び声が高いうなぎ屋さんが『炭焼うな富士』である。 『炭焼うな富士』は、1995年に水野尚樹さんによって産声をあげた。 つまり今年(2020年)で創業25年。 創業50年で1人前、100年超えて老舗といわれるうなぎ店の世界ではまだわずか25年のあつかいなのにである。 その秘密は、水野さんは...
お知らせ

『所JAPAN』に出演します!

2020年11月30日午後10時から放送 関西テレビ系列『所JAPAN』にウナギの熱中先生として出演します。 是非ご覧ください! 日本人がこだわる「ウナギ」の知られざる魅力 日本が世界に誇る伝統の食文化「ウナギ」。夏に食べるイメージが強いが、実は脂が乗りおいしくなる冬こそが旬だという。そんなウナギの代表料理「うな重」には、4つの調理法があるという。今回は、ウナギを愛しすぎる親子を熱...
柏市

店長が3代目なら、お客様も3代目 ~うなぎ植きん~

JR常磐線・柏駅東口からレイソルロードを進むと旧水戸街道との交差点に出ます。 交差点の右手には、古くから天王様とよばれて街の人々に親しまれてきた柏神社があり その交差点と柏神社の間を入ると柏銀座通りと呼ばれ、多彩なジャンルの飲食店が軒を連ねています。 柏銀座通り商店会にはお店が多く、“食通の通う商店街”としても有名です。 そのひとつが『うなぎ植きん』さんです。 『...
浦和区

祝・移転新装開店 〜UNAGI KOGA〜

今日は、9月に移転新装開店した『うなぎ処古賀』へ行来てました。 北浦和駅西口を出て、国道17号をひたすら南へ。 ロイヤルホスト浦和常磐店の隣に“うなぎ”ののぼりが見えてきます。ここが新たな『うなぎ処古賀』さんです。 モダンな外観とUNAGI KOGAのロゴが輝いてますね。 店内も白を基調としたお洒落な設えです。 カウンター席は、...
木更津市

ザ・街のうなぎ屋さん 〜うなぎ川清〜

今日は、木更津市の木更津工業高専近くの住宅街にある『うなぎ川清』さんにやって来ました。 店内は、うなぎを焼く香りとともに昭和の香りがして懐かしい雰囲気です。 それもそのはず、昭和43年創業で今年で52年の間、地元のお客様に愛されて歴史を刻んで来たそうです。 お品書きも木札で壁に並んでいます。 お品書きを拝見するとうな重類がとてもリーズナブルなお値段...
南区

浦和の老舗で五右衛門うなぎを食す ~うなぎ小島屋~

JR南浦和駅から徒歩約20分 さいたま市南区『うなぎ小島屋』さんへやってきました。 まず、アルコール消毒をしてから風情のある玄関をはいります。 小島屋さんへ差し上げるために己書を描きてきました。 小島屋さんは、蒸す工程の代わりに白焼きした鰻を熱湯で茹でて本焼きをします。 この製法は、熱湯で茹でることから五右衛門という名で呼ばれています。 なの...
世田谷区

岡谷流うなぎを東京で ~うなぎの館 天龍 三軒茶屋店~

今日は午後から三軒茶屋でイベントのお手伝いがあるので、昼食は以前から来たかった『うなぎの館 天龍 三軒茶屋店』さんへ伺うことにした。 東急田園都市線・三軒茶屋駅を降りて、世田谷通りを世田谷区役所方面へ歩きます。 800m弱、約10分ほど歩き、環七通りとの若林交差点が見えてところで道路右側に看板を発見! 裂きは関東風 焼きは関西風 たれは甘めの 岡谷流 の文字にそそられます ...
タイトルとURLをコピーしました